カスタマーレビュー

2013年4月7日に日本でレビュー済み
テイストとしてはヤマシタトモコさんと腰乃さんを足して、アクやクセを濾してなくした感じ?
詩的な表現はなく、マニアックでもなく、やたらドラマティックでもなく、暗くもなく重くもなく。
淡々とした日常と何気ない会話の中に萌えを探すタイプの作品です。
アクやクセこそうま味成分!という方には薄味過ぎるかな。グイグイ飲めちゃう清涼飲料水的な。

一本の大きな作品で丁寧な表現だと思いますが(エロは少々)、それだけかな笑。
いや、『それだけ』がなかなか難しいという見解もありますが、攻受ともに相手のどこがそんなに好きなのかと。
自分にはどちらもそれほど惹かれるキャラではなかったです。

総じて熱量や人間味に物足りなさを感じました。
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
38 件のグローバル評価