カスタマーレビュー

2019年8月20日に日本でレビュー済み
確かにジャンルも作者さんもBL関連ではありますが、そんなのすっ飛ばすダンス漫画です。もはや名作。ダンス経験者(特にラテンダンスを習ったことがある人)なら一度は感じたことがある言葉では表現しにくい感覚などが描かれていて、思わず「あー!あるある!」とひとり言をつぶやいてしまうくらい。5巻は特に鈴木のラテンダンス大会がメインで、ストーリーに引き込まれてしまう迫力ある画力とダンスの楽しさが溢れている巻で感動すら覚えます。正直なところ、これがただの男女ペアのダンス漫画だったら、ここまで面白くなかった。BLという独特のジャンルだからこそ引き出せた心の葛藤や執着表現は、今まで読んできたダンス漫画の中でも抜きん出ています。ネタバレとして、BLなのに杉木と鈴木の進展はまだチューのみ。井上佐藤さんは、他の作品ではガッツリめのハードシーンが多い作家さんですが、10danceはそういうシーンを入れなくてもしっかり読者に萌えるツボと読みごたえを与えてくれる仕上がりになっています。でも、いち腐女子としては、やはりラストは一線越えてハピエン満載になって欲しいな。。
35人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
114 件のグローバル評価