カスタマーレビュー

2017年6月6日に日本でレビュー済み
エロければいいと思うならこれはいい漫画でしょうが、人情モノっぽい雰囲気を出したがっているのに、周りの人間がヒロインのみに都合良く動いているようにしか見えなくて薄ら寒さを感じる。
ヒロインは主人公の父親に抱かれまくっているので、穴兄弟ならぬ穴親子です。さらに兄弟もたくさんいます。
この巻では穴親子だということを主人公が悩むのが主体なのですが、相談した町医者には「お前は処女厨だ」と見当違いの診断を下されます。
普通こんな風に言われたら???となると思うのですが主人公はあっさりそれを受け入れるし...周りの人間は主人公を器の小さい男扱いで、もう...ね。
他作も読みましたが作者さんの歪んだ考えとか愛されたいとかいう気持ちが透けて見えて気持ち悪かったです。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.9
星5つ中の3.9
15 件のグローバル評価