カスタマーレビュー

2012年8月12日に日本でレビュー済み
いや、大学生編があるかどうか知りませんし
ない方がいいんだろうなと思わなくもないんですが。

雑誌掲載分も読んでいましたが、
改めて1巻から通読して
ねむねむのナチュラルな変節ぶりに唖然・・・
いわゆるつんでれとは少しずれますけど
ある意味最強の天然くんかもしれないですね・・・

まやまやの乙女っぷりといい
あきらの絶妙なないがしろにされっぷりといい
ねむママの乾きっぷりといい
これBLじゃなくても面白い!

気になる描き下ろしは
「学園祭デートに行くの巻」
「珍しく夜這いを試みた結果・・・」
の2編。

前者は「妄想エレキテル」とのコラボ。
すんごい昔に読んだきりで話覚えてないんだけど・・・
同時発売のそちらの3巻を読むと2度美味しいそうです。

後者は年の瀬も押し迫ったある夜の逢瀬。
相変わらずの2人でした。

ああ楽しかったなあ・・・
やっぱり恋愛って障害がないとつまんない。
BLって男同士ってことがあんまり障害になっていないのでw
受験ってなかなか美味しい恋敵でした。
最後まで2人の進路ははっきりしないけど、
ねむねむはもちろん合格?
あきらは天才だからまやまやもK大に滑り込ませるかも?

どうでもいいけど進学校のトップクラスなら私大文系なんて普通余裕・・・
確かにK大はそれなりに難関だし出題に癖あるけど
本命なんて親がK大とか学閥狙いでもない限りナイナイ。
まして奨学生ならほぼ強制的に国立受けさせられると思う。
もちろんそのクラスなら滑り止めにK大・S大も受けるだろうけど、
まやまやの偏差値の学校なんて滑り止めの滑り止めの滑り止めでも受けないと思う。

それだけが最後までこの作品の中でひっかかっちゃったかな・・・
ねむねむお金なくて国立難関、T大とかめざしてる方がよかったかも?

ああ陳腐でもいいから大学生編も読んでみたいです。
もう話の出来はどうでもよくて、ただ2人に会いたいだけ・・・

あきらと進路指導のSセンセイの過去と未来を妄想しつつ。

彼らの旅立ちを祝して★5つ!
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
37 件のグローバル評価
星5つ
85%
星4つ
10%
星3つ
5%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%