カスタマーレビュー

2020年6月7日に日本でレビュー済み
新編突入!
今回は前半新キャラ大量投入の新展開から、
気付けば一瞬で後半のドタバタバトルになだれ込みます。

前回の騒動が世界中に知られ、デンジくん(の心臓)は各国の刺客から狙われることに。強化される警備体制と続々登場の新キャラたち。まさに殺し屋万国博覧会

カワイイ馬鹿顔デンジくんと駄々こねパワーちゃん両名の扱いを完全に理解したアキくんも良いですね。
そしてみんな大好き有能謎イケメン吉田ヒロフミ登場
○コをカッコいいと思ったのは人生で初めて。
敵も味方も超個性的なメンツですがはたして何人生き残るのか。
私のお気に入りはハロウィンちゃんです。脳リボンかわいい!ハロウィン!

パワちゃんの衝撃(突)的活躍シーンにはマジでビビりましたが後半もすごい勢い。
全自動瞬間首刈り機クァンシ様による超速ステゴロバトルアクションは必見。
岸部隊長にも一目おかれる彼女のアクションシーンには呆気にとられること請け合い。ホラー好きには馴染みのピッときてズズッといくやつもあります!
スローでもなく、時間停止でもないこの思い切った超スピード表現はおそらく撮影を意識してるのではないでしょうか?カメラに捉えきれない動きを描く作者タツキ氏の脳内では以下のような会話があったに違いありません。
「タツキ監督!クァンシさんのアクション映りません!ハイスピードカメラでもないと…」
「は?映画は24コマって決まってるよね?」

各巻ハッとするような表現がありますが
今回はこの残像アクションと三男の宅飲みシーンが印象的でした。窓から室内を覗くアングルにキャラクターの心情がにじみます。姫パイもですが後から人物の背景を描くのはやめてくれオレに効く…

ラストは気になる引き。
明かされる岸辺隊長の目的にはどんな意図があるのか…?

そんなわけで今回7巻も謎 人情 笑い アクション 盛り沢山なのにスッと読める!すごい!面白い!読もう!チェンソー最高!

ちなみに「蛸」は吸盤の配置からメスと思われます。やっぱり?
30人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
2,307 件のグローバル評価