カスタマーレビュー

2020年8月8日に日本でレビュー済み
ホークウッドは実在の人物で金次第で敵に寝返るイタリア傭兵の先駆者。若い頃エドワード3世の戦役に従軍した"らしい"を広げて物語が作られている。
絵が1990年代アニメ(VS騎士ラムネとか)な雰囲気であまり歴史漫画に合わない。
物語も4巻目中盤まではきついが、クレシーの戦いに向けて徐々にシナリオが良くなってくる。激しい戦闘の中であるにも関わらず、騎士の時代に終わりを告げ、火薬と歩兵の時代に変わる転換点をよく描いていると思ったが、すると主人公はエドワード3世ですっかり紙面を奪われてる印象。
なので、4巻目くらいから買ってもいいのではと思う。
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
19 件のグローバル評価
星5つ
60%
星4つ
31%
星3つ
9%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%