カスタマーレビュー

2020年7月20日に日本でレビュー済み
一切の学びはありませんが強いて言うなら
ご飯を土鍋で炊く人たちてご飯ラブで、米のこと知り尽くしてるイメージあったんですが、筆者みたいに案外やばいのが紛れてるんだなあってことです。
米にあやまれ。炊飯器にあやまれ。

以前、浸水や拝み洗い、米と冷凍時の鮮度維持、解凍方法気にしたとき美味しさの違いに大分手応えがあったので、
次は「土鍋で炊くと炊飯器には戻れない」ってことで特に夫が楽しみにしてたのにいざ食べて
二人して正直拍子抜けしたのを思い出した。
これでわかったのはうちIH炊飯器(11年選手)そこそこ炊きあがり速いんだなってことと
おこげは美味しいけどもたくさんは作りにくいし、お鍋の負荷とメンテが気になって拍子抜けもあいまって
結果恒常化はしませんでした。
まあ土鍋ごはん好きな人は直火嗜好でキャンプで炊くお米みたいなのが好きだと仮定したら
土鍋じゃなくて羽釜、ガステーブルじゃ安全装置あるからハイカロリーなカセットコンロや焚き火とかで他の高火力使うよなーって改めて気づきました。

何よりやばいっておもったのは
保温で半日経ったご飯と比べて、土鍋で炊飯したてを冷凍したものをレンチンして
「土鍋は美味しい」って言ってることです。
炊飯器だろうと、土鍋だろうと炊きたて瞬間冷凍したものは炊きたての風味が残ってて美味しいのがあたりまえです。
美味しい理由は土鍋でなはく冷やしたタイミングと冷凍庫です。土鍋違います。土鍋のなかで炊飯器と同じように放置したら硬いご飯になるよ。
保温したご飯比べるなら土鍋に放置したご飯だよね。
もうここ読んでから「こいつ頭大丈夫か」としか思えなくなってまとも話入ってこない。
こんな残念な人らが過剰に土鍋持ち上げてる訳じゃないよなと疑惑が少し湧いてます。

財布についてはキャッシュレス派の自分からみたら今更感だけしかありません。
人間関係も何読まされてるのかってかんじです。だんだんパワーおちてるってかんじ。
テレビなんて太古の昔からないの当たり前だったし、平成の終盤あたりの古い漫画なんだろうなって思って
おもってノスタルジックだったんですが出版年数みたら結構最近でびっくりした。

ゼロ円とはいえ私はこんな人を見たくて漫画を読んでるわけじゃないと気付かされた一冊です。
280人のお客様がこれが役に立ったと考えています
2コメント2件 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
415 件のグローバル評価