カスタマーレビュー

2021年3月30日に日本でレビュー済み
このコミカライズから入って、文庫は二冊読破、ネット版はコミック一巻末と大体同じところまで読み進めました。
正直、よくあれをここまで押し上げてくれたものだと思います。
順序がズレてたらコミックに辿り着けなかったかも。
小説は一人称視点で書かれているのでアリシアの思考や心情がわかりやすいのですが、(特に未校正のウェブ版は)彼女の語り口調も考察も、正直まったく物語内で言われてるほど賢い印象をうけないのに、コミック版は本当に賢く凛とした女性に見えます。
リズもただのお花畑でなく、どこか得体の知れなさを醸し出しているのが良い。
絵の力だけでは無く、微細なセリフの口調や展開の大幅な切り直しがより良い物語にしていることは間違い無いかと思います。
とは言えコミック一巻の範囲はまだまだ物語的には修練パートで、修行しているキャラに好感を持てるのは当然のこと。
小説版では、この先の対決パートは、敵が論破出来て当たり前の正論しか言ってこなかったり、どこが穴というより穴しかないような策略でしか出てこなかったりで、そこまで持ち上げた悪女活躍の機会としてはあまりに物足りなかったのですが、どうなるのでしょう。
楽しみにしています。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
623 件のグローバル評価