カスタマーレビュー

2020年10月2日に日本でレビュー済み
過酷な中でも諦めず、戦う炭治郎。無慘は自己中の塊で自分以外を傷つけても構わず逃げ延びようとする。鬼というよりも加害者で、立ち向かう剣士は自分の命を削りながら将来に繋ぐ被害者家族。バトルやファンタジー要素も強くツッコミどころもあるが人間賛歌のプロットが素晴らしい。
120人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
10,756 件のグローバル評価