カスタマーレビュー

2012年6月29日に日本でレビュー済み
8巻は経過という感じですね。
「常識なんていらない」という言葉はきづきあきらさんの主張したいことそのもののような気がします。

本当に二人を好きならば?=そんなものは本物の愛ではない!と思わされてしまうわけですが
一方で、相反するのは 本当に二人を好きなんだ、という事実。
泥沼どころではない、底なし沼の底にいるような現状をどう打開していくのか。

きづきあきらさんの作品はほとんど読破さしてもらっていますが
やはり黒い部分と言うか、いやそれこそが、面白い部分と言うか
最後に大どんでん返しが待っているような気がしてならないです。。。
私には終結が全く混沌としていて、まるで予想の目処が立ちません!なので、
常人の思考を凌駕なさるきづきあきら先生には
期待値が上がりまくっている所存であります(笑)
最終巻に期待です!
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.7
星5つ中の3.7
13 件のグローバル評価