カスタマーレビュー

2015年2月21日に日本でレビュー済み
※セールで購入した時の評価です

新聞記者のイーデンはかつての恋人ラファエロの取材に来た。
かつてイーデンは彼の家族に嵌められて、裏切り者扱いされ、分かれることになったのに、
イーデンは再び自分を愛人にしようとしている!?
でも、彼はやはり自分の事よりも、父親の事を信じている。
また同じことの繰り返しになるのではないか・・・。

っと言う話です
かたくなにイーデンを信じようとしない男にイライラします。
これだから器の小さい男は嫌ですね。

イーデンは危険なところでも取材するほど活動的な女性。
そもそも二人が出会ったのは、弟のために彼女が塀をよじ登ったからで、
そこから見ても、彼女が活動的なことはすぐにわかる。
だから二人のそういった本質的なところは似ているのかもしれない。
だからお互い引かれてしまうのかもしれないが、
そこまで好きなのにイーデンを信じられない男が好きになれなかった。
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.4
星5つ中の3.4
5 件のグローバル評価