カスタマーレビュー

2011年10月16日に日本でレビュー済み
アジャイルな開発手法には非常にフレキシブルで現実的で効率のよい、見積もりと計画の方法があるようなのですが。フレキシブルであるということは、現状に合わせていろいろ調節が必要となるということです。また、アジャイルではお客様と密接な意思交換が不可欠なのですが、杓子定規ではない計画は、見慣れない人にとっては分かりにくいという面もあります。これもお客さんの要望に合わせて、いろいろと工夫をしなくてはならない。
しかし工夫をする過程で、現実的ではなくなったり、効率が悪くなってしまっては意味がありません。なので、アジャイルな計画づくりは、マニュアル通りには決してできません。さまざまな場合にどういう選択肢があって、その選択肢にどういうメリットデメリットがあるか、しっかり理解しないと使いこなせない。
そこでこの本が役にたちます。いろいろな局面で使える方法を列挙し、その一つ一つが理解できるように説明が書いてある。一冊みっちりと。
これを読んだら理解できる、というわけではありません。読んだ上で実際にやってみて、初めて理解できるものでしょう。しかし、そのとっかかりとしては、非常に有効な本です。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
37 件のグローバル評価