カスタマーレビュー

2005年8月11日に日本でレビュー済み
無口で無愛想な上司・羽村から、「俺は吸血鬼」だと聞いた久條。その一言をきっかけに羽村と距離を縮めていく久條は、彼の純粋さや可愛らしさに気づき魅かれていくが……。

淡々と描かれる日常のなかに、吸血鬼というスパイスが効果的に効いてくる話です。派手さは無いけれど(吸血鬼という言葉のわりに)展開が読めないので、ダレることなく読めました。

あったかい気分にさせられる一冊。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
9 件のグローバル評価
星5つ
67%
星4つ
33%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%