カスタマーレビュー

ベスト1000レビュアー
2020年7月3日に日本でレビュー済み
原作との差異を散々叩かれてて、文字通り沈没した実写映画版でしたが、それなら原作側を変えてしまえと言うことなのでしょうか。

完結したとはいえ、終盤はかなり駆け足感の強かった前作から、主要人物を交代しての空母いぶきの新たな船出は、かわぐち作品とは思えないような、やたらマンガチックなキャラ造形や、女子率の高さなど、再映画化を想定しての、いかにも広告屋が考えそうな安っぽい発想が捻じ込まれたのがミエミエで、げんなりしてしまいます。

先生も、今回はお仕事と割りきられたのでしょうか。
とりあえず一巻は買いましたが、続刊はちょっと様子見ようと思っています。
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
620 件のグローバル評価