カスタマーレビュー

2015年3月19日に日本でレビュー済み
時は第一次世界大戦直後の中東。ここに複葉機を駆る女性パイロット マリア・マンテガッツァが居た。
男性パイロットからは毛嫌いされるものの、確かな腕と度胸、そして愛くるしい顔立ちで仕事はひっきりなし。
この仕事がまた一癖も二癖もあるものばっかり。
そこに非情に徹しきれないスパイとか、この先の敵となりそうな武器商人等々、登場人物も全部魅力的。
丁々発止なやりとりをしながら、姿を消した英国諜報部員の父の消息を掴めるか(当然、ウラが有ると思います)

滝沢先生の絵、特に女性は名作「東京物語」あたりから大きく変化したと感じます。ふっくらして可愛い◎
劇中、複葉機の他に飛行船や全通甲板を持つ空母まで登場。この辺は昔からのファン(メカ好き)には嬉しい。
☆が4個なのは、やっぱり第二次大戦モノを描いてほしいから。それも長編。
先生、何とかなりませんか(笑)
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
25 件のグローバル評価