カスタマーレビュー

2009年10月24日に日本でレビュー済み
何かすごく劇的なことがあるわけじゃない。でもお互いに「好き」ってことをはっきりと確認するまでの過程がつぶさに読める本でした。
といってもずっと右往左往しているのは佳之(受)で、それを支えるタカミは最初からドンと構えていたという感じですが、次第に柔軟になっていく佳之の変化が面白かった。

特にあて馬的な人間もでてこないし、過去のお互いの恋人がまた再来ってパターンでもない。んでも、読んだあとにああよかったねえ・・・とほのぼの出来る。

BLではありがち設定のどっちもすっごいかっこよくって・・っていう表現も少ないので、「まあまたか」って思うこともなく、ごく自然に二人が知り合って、んで日常を過ごしてという恋愛小説として認識できる。

すごく感動したわけでも、途中泣けたシーンもないけど、だからといって無碍に出来ない、おすすめできないってこともない。
ある意味不思議な全てが中間的な内容でした。

坂井さんの本はいつも、細部まで丁寧で、ハデじゃないけどじわじわと感じてきますね。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.0
星5つ中の3
1 件のグローバル評価
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
100%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%