カスタマーレビュー

ベスト500レビュアー
2018年6月13日に日本でレビュー済み
11巻目に突入した「偉人の最後の晩餐漫画」。
今回は信長に続いて戦国の三英雄のひとり「豊臣秀吉」が若い頃と晩年との同一人物の同時登場というパターン。
立身出世の階段を駆け上がる若き日の秀吉と、栄耀栄華を極めながらも老いさらばえて「認知症」の疑いのある死の間際の秀吉。
本当の同一人物かと思われるような二人の対比を以って「幸せ」とは何ぞと問いかける。

ジャンヌの旧知の人物が登場するのですが、こいつがジャンヌの処刑後に闇落ちして殺人鬼になるっていう・・・。
最後は皆を道連れにしようとしてレストランを火事にしてしまい、休業を止む無くされます。
果たして園場の性格で窮地から立ち直れるのか・・・・?あまりドキドキしないで読んでください(笑)
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
70 件のグローバル評価