カスタマーレビュー

2015年4月25日に日本でレビュー済み
押井さんがよく口にしてる話。耳たこなんですが、映画にどう構造が持ち込まれているかという
その辺の批評です。シナリオや個々のキャラクターの好き嫌いとは別に製作者が時代や需要に合わせて
どのようにテーマ作りを企画しているか、どんな人間関係を描こうとしているか、大きな括りで映画を観ています。
世の映画批評においては観客から批評家までエンタメ批評が多くを占めていますが、作り手はもう少し俯瞰して作っていることが
よく分かります。
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
13 件のグローバル評価
星5つ
61%
星4つ
21%
星3つ
18%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%