カスタマーレビュー

2009年9月13日に日本でレビュー済み
小野不由美さんが2001年に刊行された本格推理小説の佳作を原作とし、山本小鉄子さんがほぼ忠実に漫画化した作品です。2005〜2006年に描き下ろし全3巻で刊行されました。今回の文庫版では1・2巻が上巻、3巻が下巻に再編されています。

犯人は島民の思考を規定する馬頭夜叉の伝説を用い、被害者を別の事件の加害者と人々に思わせ、事件の隠蔽と幕引きを狙った。しかしなぜ麻理ではなく志保が殺されたのか。また、動機のある者にはみなアリバイがある。式部の調査は行き詰った。と、そこへ意外な名探偵が現れ、快刀乱麻を断つ。全ての謎は解き明かされ、失意の主人公は一縷の望みをかけて海を渡る……。

シンプルな絵柄に膨大なセリフとモノローグからなり、絵が風景・状況・表情・しぐさ以外の情報を集約する役割に徹しているのが本作の特徴です。それゆえ読後感は小説にかなり近い。この原作を大切にする姿勢は買いますが、漫画的な情報整理の手法(人物相関図や現場の見取り図など)まで完全に排除しているのは、個人的には「もったいない」と感じました。

とくに下巻には謎解きのシーンがあります。図解してくれたらわかりやすいトリックにもかかわらず、小説に準拠したセリフだけで解説が進んでしまう。原作のわかりにくい部分もそのまま。よく考えれば分かることとはいえ、せっかく漫画化したのだから……と、個人的には残念に思いました。

派手なアクションはないし、調査中も次々に殺人事件が起きるわけでもない。コツコツと情報を集めていくにつれ、データの充実に反して混迷が深まっていく。このフラストレーションを謎解きで一挙に昇華させる……。本作は、そうした本格推理小説の滋味を漫画で味わえる、貴重な作品です。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.8
星5つ中の3.8
3 件のグローバル評価
星5つ
60%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
20%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
20%