カスタマーレビュー

2016年4月24日に日本でレビュー済み
引きこもりが妄想をたくましくするぬくぬくとした環境が居心地よくて三巻まで楽しく読めた
が、現実に引き戻されそうになるという不安要素がここにきて侵入する
この展開は自分としてはあまり面白くなさそうで嫌だな。ストーリー上の必然性と言うより、技巧的な「ひねりを入れてみました」にすぎない感。暗夜行路で、謙作が尾道へ出たとたん雰囲気や語りまでもがバランスを崩して小説の統一感が失われたような、つまらない予感しかしない
まあ次巻を待つとする
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
721 件のグローバル評価