カスタマーレビュー

ベスト1000レビュアーVINEメンバー
2009年6月13日に日本でレビュー済み
中国の戦国時代、三国志をマンガ化した作品

この巻では、レッドクリフで名を馳せた周瑜が滅んでしまうことと、
戦略家、孔明と並び評される、竜鳳も玄徳に仕えることになる巻です。

14巻で、周瑜の策略で呉の孫権の妹と結婚という理由で玄徳をおびき寄せ
呉で玄徳を亡き者にしようとしていました。この策略を孔明が見抜き
何十にも張り巡らされた罠をかいくぐります。最後に孫権の妹を
配偶者として、自分の領地、荊州へと戻ってくる話があります。
また、次の世代のお話に繋がってゆく、長安の落城もこの巻です。

この本は、三国志をエンターティメントした三国志演義を基に
作られており、周瑜の最後も三国志演義の名台詞で終わっています。
周瑜ファンでもある私としては、この巻はつらい内容ですが
三国志演義に忠実なこのマンガは、良くできているなぁと思います。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.7
星5つ中の3.7
9 件のグローバル評価