カスタマーレビュー

2006年6月10日に日本でレビュー済み
サラリーマンモノかと思いきや吸血鬼モノ。冗談だろうと思いきや本気設定だった…!
ちょっと驚きです。しかし、このどこか抜けてる吸血鬼の上司に次第に興味を持ち、今まで本気で恋愛をしてこなかった冷めた九絛が彼にハマっていく様は読んでいて不思議とすんなり受け止められます。
非現実的な設定だから、どこまでをリアルに受け止めればいいのか、その辺の線引きが難しいですが、砂原さんの書く巧みなストーリー展開で最後までスルスルと読めてしまいました。
多分九絛が普通の人よりも冷静で(無関心?)、合理的な考えの持ち主だから、吸血鬼と言う架空のキャラクターを目の当たりにしても、読者が抵抗なく受け入れられるんだと思います。(吸血シーンの描写の辺りはやけにリアルだった…(笑))
全体的にさらっとした感じのお話で、あまりBL作品っぽくないです。露骨な描写が少ないので…。
なのであからさまなHシーンが苦手という方にも、『現代版吸血鬼リーマン』モノとして楽しんで頂けると思います☆
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
9 件のグローバル評価
星5つ
67%
星4つ
33%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%