カスタマーレビュー

2018年12月10日に日本でレビュー済み
 「花薫」では、蘭名が男子を出産。そして月光時本家のお隣が売りに出たことから一悶着起こります。蔦さんがこの話のキーウーマン。金持ちなりの悩みも描かれています。基本、お気楽な話ばかりのこのシリーズとしてはシリアスな話です。
 「従兄」は蘭子さんの甥、千条篁氏が登場。かなり大昔に1度出てきたような気がします。そして久々に登場の武源羽香里に恋してしまいます。まぁ、片思いに至るまでいろいろありますが、最終的にふられて寝込みます。蘭子さんの兄夫婦が初めて登場しますが、蘭子さんとは正反対。貧乏公家でも使用人はいるのね、
 「甥っ子」は冒頭、嵐士が中東に単身赴任し、蘭奈は実家に戻ります。個々での甥っ子とは、薫が蘭丸と響子という幼稚園児の甥ということ。蘭奈はアルバイト、2人の日いおばあちゃんは観劇、蘭子さんは昼寝の間に幼稚園児2人が薫に色々勉強を教えるというホンマかいな、というお話。
 「教育ママ」は”超金持ちの子は公立の小学校ではいじめにあうかもしれない、でも成績が1番ならそれはない”と言われたことが蘭子さんが蘭丸を塾に通わせたり、家庭教師をつけるということと蘭奈の第2子妊娠に伴うマタニティ・ブルーと夫婦喧嘩が描かれています。
 巻末に名香氏が入院したことがコミカルに描かれています。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
33 件のグローバル評価
星5つ
77%
星4つ
23%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%