カスタマーレビュー

ベスト50レビュアーVINEメンバー
2011年7月3日に日本でレビュー済み
 星野氏は近年伝奇物に移行、大きく成功されて居ました。
 それらの作品(特に宗像教授シリーズの最終エピソード)も素晴らしいと思いつつも「この手の作品なら別に星野氏で無くとも描ける。」と考え居ていた為、この度のSFへの帰還は大歓迎です。

 期待以上の力作ですが、星野氏の作品に長年親しんで居る身にはかなり強い既視感が有りました。
 しかし、それが決して退屈な訳でも焼き直しに見える訳でもなく、氏のSF漫画の集大成になっている点が素晴らしいです。
 
 ストーリー的には如何に星野氏がJ.P.ホーガン氏の作品に影響を受け それを絶妙に漫画に翻案して来たかが窺い知れて興味深かったです。
 宇宙開発事業団(元軍隊)と国際平和委員会(旧財閥系)が互いに何を掴み、隠しているかが徐々に解っている様子がスリリングです。

 恥ずかしながら今迄未見だった原作もこの機会に読みたくなりました。お薦めです。
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
83 件のグローバル評価