カスタマーレビュー

2019年1月16日に日本でレビュー済み
作者の作品はそれ町以外も大体読み、やっと新連載だ!とワクワクしていましたが(YouTubeにあげられていたトレーラーもとても良かった)…この1巻を読んだ限りでは残念ながら面白いとは思えませんでした。
1巻だからまだ全貌はわからないということは十分承知していますが、それにしても「続きが気になる!」とは思えないほど謎が無駄に点在しており、どこに焦点を当てればいいんだ?と。物語のヒキが足りないと思います。
正直言ってこれは「キャリアを積んだ石黒正数氏」だからこそ売られたもので、もし無名の新人作家がこの一冊を発表していたならば誰も見向きもしないと思います。

まず石黒氏の絵はとりわけSFアクション向きの絵柄というわけではない。それをあえて活かすことができていない。構図も躍動的なカメラワークがない(それ町ではそのほのぼのさが逆に良かったのですが…)。全体的に画面が白い(これもそれ町では…以下略)。設定やキャラクターにも既視感がある(AKIRAに寄りすぎ!)。

この物語はこれから壮大な構想があることは伺えます。でもそれがわかるまで、読者をワクワクさせ続ける力があるのか?今後、石黒氏の力量が試されると思います。
とりあえず2〜3巻くらいは買いますが、それでも同じ調子だったらもう追い続けないかと思います。

あと個人的に作者のどの作品を読んでも思うのですが、ちょくちょく(わかる人にだけわかるような)ネタとしてサブカル的な衒学さが漂ってるのが鼻につきます。。。
85人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
276 件のグローバル評価