カスタマーレビュー

2019年3月22日に日本でレビュー済み
近年よく見るSF作品のいいとこ取りをした上で、作者特有の漫画表現が効いていて、いい味になっている。
今巻はキルコの謎が回収され、彼女(彼)の過去が明らかになったものの……稲崎露敏の生死や医者の正体など、謎はさらに深まった上に、次から次へと新たな謎が芋づる式に出てきます。
あの不気味な赤ちゃんや奇怪な装置に繋がれた“ミーナ”と園長の関係、タラオの病気……
そして、1巻冒頭でコナが描いていた不気味な魚の怪物がキルコとマルたちの乗る船を襲う!
数々の謎が散りばめられており、なかなか考察しがいのある世界観。
次巻も楽しみに待ってます。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
205 件のグローバル評価