カスタマーレビュー

2016年1月10日に日本でレビュー済み
少しネタバレあります。

流夏(ルカ)という新たな登場人物や縞川によって、一波乱あるのですが…ネム君(眠傘)がいじらしくて…。
「もう、やめたげてー」というくらいネム君が追い込まれて、涙が止まらなかったです。
会える・会えない(泊まる・泊まらない)等ちょっとした事で揉めてた高校生の頃と違って、少し文句言いつつ色々と譲歩して配慮している様子が窺えて成長しているんだなと感じました。
まあ、相変わらずマヤは重たい系ですが(笑)

マヤは安定のかっこよさですが、それよりもHシーンのネム君!色気が増してさらに可愛いです!
これは虫よけ用のペアリング渡すわーと納得しました。
破局の危機にマヤが焦るのも、ネム君愛されてる感があって良かったです!

あとがきにある2話目のお遊びは「え、コレ…やけに本物っぽいけど…まさか?」とスマホ取り出して実行してみたら(笑)
さすが、ねこ田先生!

あと、帯にも記載されてますが『MAGAZINE BE×BOY2016年02月号』に、この後のラブラブデートが読切であります。
また、ねこ田先生デビュー15周年記念企画があり、その企画に4コマや裏話等が載っているのでマヤネムお好きな方にはオススメします。
ただ…その企画でマヤネムのコスプレしているグラビア(3次元)があるので苦手な方には不向きかもしれません。
私はそのグラビアは苦手で受け入れられなかったのですが、他の企画内容はとても面白かったのでオススメしました。

企画の一部に続編あることも記載されていたので、物凄く楽しみです!
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 「焦るマヤ(真矢)」見れます。
ユーザー名: open、日付: 2016年1月10日
少しネタバレあります。

流夏(ルカ)という新たな登場人物や縞川によって、一波乱あるのですが…ネム君(眠傘)がいじらしくて…。
「もう、やめたげてー」というくらいネム君が追い込まれて、涙が止まらなかったです。
会える・会えない(泊まる・泊まらない)等ちょっとした事で揉めてた高校生の頃と違って、少し文句言いつつ色々と譲歩して配慮している様子が窺えて成長しているんだなと感じました。
まあ、相変わらずマヤは重たい系ですが(笑)

マヤは安定のかっこよさですが、それよりもHシーンのネム君!色気が増してさらに可愛いです!
これは虫よけ用のペアリング渡すわーと納得しました。
破局の危機にマヤが焦るのも、ネム君愛されてる感があって良かったです!

あとがきにある2話目のお遊びは「え、コレ…やけに本物っぽいけど…まさか?」とスマホ取り出して実行してみたら(笑)
さすが、ねこ田先生!

あと、帯にも記載されてますが『MAGAZINE BE×BOY2016年02月号』に、この後のラブラブデートが読切であります。
また、ねこ田先生デビュー15周年記念企画があり、その企画に4コマや裏話等が載っているのでマヤネムお好きな方にはオススメします。
ただ…その企画でマヤネムのコスプレしているグラビア(3次元)があるので苦手な方には不向きかもしれません。
私はそのグラビアは苦手で受け入れられなかったのですが、他の企画内容はとても面白かったのでオススメしました。

企画の一部に続編あることも記載されていたので、物凄く楽しみです!
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
38 件のグローバル評価
星5つ
90%
星4つ
2%
星3つ
8%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%