カスタマーレビュー

2020年11月4日に日本でレビュー済み
正直、1巻がピークです。1巻はまだ謎があって、目的があって、冒険があった。
それがなくなって、ひたすら異世界を満喫する話しです。

とはいえ、そんなことは星1個の理由にならないです。とにかく、文章が気持ち悪い。
~だよ?
~なんだよ?
~かな?
句読点(。)の代わりに当たり前のように使われる疑問符(?)
会話分だけじゃなく、一人称の地の文にも頻発し、主人公だけじゃなく脇役達も?を連発。見開きページで数えたら30個以上。

主人公が喋ってる日本語の意味が分からない。韻を踏んでいるだけで意味を全く考慮して言葉遊びと、ひたすら紡がれる?のオンパレード。
君たち誰に何を聞いてるの?誰か答える人がいるの?なんでなの?なの?

癖になる部分はあるが、劇薬過ぎて胸焼けするし、日本語のセオリー無視しすぎで、とにかく気持ち悪い。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.9
星5つ中の3.9
42 件のグローバル評価