カスタマーレビュー

2020年6月7日に日本でレビュー済み
お花畑な聖女(笑)を導くために、悪役として主人公が奔走するお話なのですが、正直、ざまぁを期待して読むのもしんどいほど、聖女の取り巻きにイライラする。
特に実の妹が殺されかけてるのに、兄たちの対応が辛辣すぎだろう。
殺されそうになっても、殺すのはダメだ! って、綺麗事ばかりで要は死ねって言ってるんですよね。

当初の話の流れでは、悪役を演じているはずが周囲からは「ワガママな妹が、優しく真面目になった」みたいな、悪役になりきれない勘違いものかと思っていました。
ところがどっこい、主人公が13歳になって学園に転入してから話が百八十度変わってしまう。
本当に悪役令嬢になってしまうのですが、主人公は正しいことをして、国を良くしようとしているのに、アホな取り巻きが勘違いして、本気で主人公を嫌なやつだと思い始めるそういう勘違い...。
特に兄たちよ。お前らなんだかんだ言って妹にゾッコンじゃなかったのかよ。なんで聖女に洗脳されてんの?
胸糞すぐて挫折しました。話の流れからざまぁ展開はあるんだろうけど、キャラが好きになれないので耐えられずに挫折した作品でした。
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
123 件のグローバル評価