カスタマーレビュー

2005年9月29日に日本でレビュー済み
むしろ、「あだち充節」の方がふさわしいでしょうか?
あだち充さんの最大の欠点が「マンネリ」であるわけですが、
これはもう、あだち充さんにしか書けないスタイルなのであって、(「個性」でも「様式美」でも呼び方は何でもいいですが)
真似のできない素晴らしいこと、と取ることも出来るはずです。
「あの店はこれが美味しいから食べに行くんだ。」
と言うような。変わらない、けれどいつも新鮮な、安心感。
久しぶりに「ラフ」を通読しました。
小学生の頃、「タッチ」が大好きで、同じ作者だからと読んだ「ラフ」。
正直☆三つくらいでした。
仲西おにいちゃんが、あまり好きになれませんでした。
表面はいいけど、実はイライラしやすくて嫌な人で、交通事故も作者に都合良く起こされたようにしか見えませんでした。
ふたりに愛されていて選べない亜美ちゃんも、ハッキリしない大和君も、理解できませんでした。
コドモだった~・・・
今は少しわかります。
登場人物たちがみんなどうしようもなくやさしいことも、
譲れないものがあることも、
手に届かないものへの焦燥も。
あだち充さんは、カメラワークの天才だと思います。
漫画が二次元であり、受け手がどのように「間」を感じるか、フキダシの中の「文字」からどんな印象を受けるか、それを知り抜いているのだと思います。
これはあだちさんにしか出来るものではありません。
文句無く、秀作です。
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.9
星5つ中の4.9
22 件のグローバル評価
星5つ
88%
星4つ
12%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%