カスタマーレビュー

2004年2月18日に日本でレビュー済み
エドとアルの故郷が描かれ、彼らの過去が垣間見えます。
手を伸ばしても簡単に手に入らないもの。
それでも、それを求めて前に進み続ける2人の姿。
そんな2人を見守る人たち。
個人的には、シリアスな話になったかとおもえば、
ギャグで笑わせるセンスと、
エドの切ない表情が大好きです。
心が温かくなる一冊。
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
161 件のグローバル評価