カスタマーレビュー

2019年4月3日に日本でレビュー済み
南の島にある楽園のごとき男娼館「シャングリラ」、そこで繰り広げられる訳ありノンケ当て馬攻め×奔放 淫乱 褐色 男娼 受けのお話ですが、1巻はまだ2人の序章に過ぎません。

また、南国の燦々と煌めく太陽や水飛沫、真っ黒い夜の海と空が どこまでも続くオープンな部屋、南国特有の生暖かい風が、シャングリラを吹き抜ける、そんな匂いまでしてきそうな独特の世界観です。

そして、もう一つ特筆したいのは絵ですよ。座裏屋先生の絵はデッサンが全く狂ってない綺麗な線なので、何故か見ていてとても気持ちがいい。

特に「ケツに愛を感じる」のは私だけでしょうか…
29人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
214 件のグローバル評価