カスタマーレビュー

ベスト500レビュアー
2021年2月14日に日本でレビュー済み
正直、前作は、と云うか、東村作品でメインの設定があまり一般的でない作品は話は面白いのだが、全体としてはギャグかなと思えてしまう場合が多く、本作は逆にノリはギャグが強いのに主人公の設定のリアルさがじわじわと来るタイプで、また違った面白さを醸し出している。

ただ、作者が飽きるのか、急激な展開で明後日な方向に行く事も多いだけに、まだまだ評価面では予断を許さない。
それでも1巻の時点では、続編と云う事で心配した様な部分は杞憂だった。
オッサン的には前作のキャラ設定の割に少女漫画的な方向に落としていったのより、こっちの方が面白く読めそうだしな。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
218 件のグローバル評価