カスタマーレビュー

2020年3月30日に日本でレビュー済み
『コヨーテ』第3巻。
ひたすらざわつく2巻を経て、物語は大きく展開していきます。

深い誤解を経て、次第に固く結びついていくヨシュとコヨーテ。互いを信じ、深く愛し合うということの尊さを思わずにいられません。
生きることとは、やはり誰かを深く愛し、愛されることなのかもしれない。そんなシンプルで根源的な感情を、強烈に揺さぶられます。
何気ないワンシーンや台詞の一言が、これでもかと胸に突き刺さる。そういう感情を鋭く掬い取っていく作者様の感性に陶酔します。

そして、座裏屋先生の絵は本当に美しい!今回はその美しさが一層極まったように感じました。身体の完璧なデッサンに、引き締まった筋肉の美しさや皮膚の滑らかな質感までがしっかりと伝わってきます。二人の一糸纏わぬベッドシーンはまさにため息の出る美しさ。
その時々の感情が豊かに溢れ出るヨシュの表情や眼差しは、読み終えた後も繰り返し脳に蘇ります。

この先の展開が何とも不安ではありますが、ともかく二人がここまで辿り着いた幸せな満足感に、何度も読み返してしまう。そしてこの先に明るい展開が待っていますように!と願わずにいられません。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
191 件のグローバル評価