カスタマーレビュー

VINEメンバー
2015年5月24日に日本でレビュー済み
小さなゲーム会社を舞台に、ゲーム作りの理想と現実の間でもがく話。

評判がいいようなので読んでみたが、まったく面白く感じなかった。
自分勝手でワンマンな社長に感情移入することもできず、
現実味のない展開の連続に非常に冷めた思いで読んでしまった。

市場のニーズや具体的な調査もなく、
社長の個人的な判断だけで方向性を決め、
予算やスケジュールの都合を
無視して進めようとする部分はあまりリアリティがない。
そんなことをして周りがついてくるはずもないし、
見当外れの部分に注力してしまうリスクもある。
結果的に仕様変更が成功につながったのかの描写もないため
どうにもカタルシスを感じられなかった。

ゲーム開発を題材にした物語は珍しいだけに期待したが、
なぜそんなに評価されているのか理解できない内容だった。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
71 件のグローバル評価