カスタマーレビュー

2019年9月19日に日本でレビュー済み
著者のランニングの日々はとっても愉快だ。

ある日は、可愛い女子大生をお目当てに大学方面へ。
またある日は、映画「シン・ゴジラ」のゴジラ上陸ルートをなぞってラン。
時には興味本位でレインボーブリッジへ向かうものの、高所恐怖症だったことを思い出し橋の上でリタイアしている(笑)

そして、毎回ランニング後はその日のルートが記録されたスマホを見ながら、
独りニヤニヤ居酒屋で祝杯をあげるのがお決まりだ。

そんな“走る奴なんて馬鹿だと思ってた”作者ならではのランニングの日々が、おふざけ満開の文体で綴られている。

個人的に悔しいのは
本書では著者が実際に走ったコースがイラストと共に披露されているのだが
関西在住の私には土地勘が働かないのだ。

関西遠征記を是非執筆して欲しい。
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
79 件のグローバル評価