カスタマーレビュー

ベスト100レビュアー
2020年1月13日に日本でレビュー済み
 ラスボスとの邂逅という衝撃の展開からまた「天翔体」をその都度迎撃する戦いへと戻り
ましたが、通用しなくなった忍の能力、新たな「火球の子」の登場、巨大な積乱雲の中に潜む
敵(ラピュタかよw)の攻略と今回もなかなか面白く。忍のステルス無効や女性異形キャラの
出現という、忍とダンクの関係を揺るがしかねない状況、さらに写真を撮られてダンクの存在
が世間にバレそうなのも今後どう影響するか。次巻も楽しみです。
 相変わらずキャラの作画がラフなのが惜しい。メカはいいんですけどね。
もしアニメ化されたらキャラデザは相当変更されるだろうな(笑)。

 今回は注釈がその都度欄外の短文で説明される仕様。書籍版だともっと詳しい説明や設定
資料など付いているのだろうか、でも高い…。
書籍版とKindle版で表紙を変えているのもニクいなあ。

 世界に13人と言われる「火球の子」、これで既出は

  隠忍(ステルス) -日本
  ダンク(異形、高い身体能力) -?
  ゲイブ(千里眼) -アメリカ
  ヴェラ・シュベツォフ(未来予知、ただし5秒だけ) -ロシア
  星三兄弟(精神同調) -中国
  ベンジャミン(地球上どこでも瞬間移動&作戦指揮) -イギリス
  ダプネ(パイロキネシス) -フランス
  ユッタ&ユッテ(治癒) -ドイツ
  エデス(異形、高い身体能力+?) -?

三つ子や双子でだいぶ人数稼いでる(笑) 封印されていたエデスは12人目にカウントして
よいのかどうか。能力的にはダンクの上位互換ながら、オツムがアレなので綿密な作戦には
組み込めないのが難。
それより問題はステルス能力に制限ができてしまった忍がどうなるかでしょうけど。
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
29 件のグローバル評価