カスタマーレビュー

殿堂入りベスト100レビュアー
2019年10月21日に日本でレビュー済み
社会派かぶれドラマなのか、エログロを描きたいだけなのか
2巻まではこの漫画が何をやりたいのか分かりませんでしたが
3巻で仮面ライダーの怪人バトルがやりたいのだと確信しました。

ただ電車に乗ったままコーヒー巻を投げつけて駅の非常ボタンを作動させたり
某洋画のように電動釘打ち機で戦ったり頑張ってますが
相変わらずアクションシーンの描き方が話と共に“何をやっているか”分かり辛く説得力に欠け雑です。
そもそも仮面ライダーのような分りやすいヒーローが
いまのところ存在しないので鬱々とした感じから抜け出しません。
最後のほうはキャラの絵がやけに漫画チックなり迷走している感じを見受けられます。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
46 件のグローバル評価