カスタマーレビュー

ベスト100レビュアー
2014年9月28日に日本でレビュー済み
『カオスノート』と銘打っているだけあって、物語がある訳でもなく、ただただ数コマ単位のシュールなアイデアが、延々と書き連ねられています。これを面白い(又は興味深い)と判断するかどうかは、頭の柔らかさにあるでしょう。基本的に不条理ギャグを売りにしてきた作者ですので、常識的作品を求める事自体が大間違いです。ただ、『不条理』というその一点が果てしなく凝縮されて、半熟状態で世に出されたような作品です。
『失踪日記』と同じような作品性を求める方は、ただ「?」が出続ける作品なので、あくまで混沌(カオス)としたノート(アイデアノート?)を見たい方向けとなっています。ちなみに、シュールレアリズムの好きな方ならば、きっと好きになれる作品だと思います♪
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
66 件のグローバル評価