カスタマーレビュー

2020年10月31日に日本でレビュー済み
正直、最初は目当ての本のついでで買いました。
結果、大正解でした。目当ての本が吹っ飛ぶくらい頭かち割られました。
途中で泣いてしまい一日では読み切れませんでした。
たくさんのBLを読んできたので自分の感動の限界を把握しているつもりでしたが、何万年ぶりかに限界値突破させてくれた素晴らしい作品でした。

私の稚拙な語彙力では魅力は説明し難いですが、、
まずはとにかくキャラがとてもいいです。主役の2人はもちろん、口は悪いけど兄のことを気にかけてる主人公の妹やバイト先の先輩のお調子者?モトさんも面白くて大好きです!というか柳くん(主人公)の反応が表情豊かで見ていて癒されます。
主役の2人には、ただの属性や性格で表現しきれないギャップがあって、
まずはそんな二人にどっと引き込まれ、続いてくもどかしい会話、むずがゆい展開、微妙な関係、そして最高のラストでした!あとがきでも書かれているようにベクトルの逆襲が自分にはツボでした。五十嵐さんをだんだん気になりつつある柳くん。でもいつのまにか柳くんに執着してる五十嵐さん、、、
ラストへの盛り上がりもすごくキュンキュンでした。
あと受視点ではなく攻視点からの話もあるのがすごくいいところかと!お互いがどんな考えでこうなったか読み手が理解できるとより一層深く楽しるので!

あとは、エロがなんだかすごいです。
うまく説明できませんが最後は心と心が繋がったー!!みたいな。精神的な(?)エロでした。
もちろん描写もエロくて最高ですが^_^
少し古い表現ですが「萌え」を通り越して、涙が止まりませんでした。
月並みに言うならば、「尊い」ですかね。
ラブラブに至るまでは、すれ違ったままいたすシチュもあり大変素晴らしいです。

神という存在は突如として目の前に現れてくれるんですね。これからこの作者の作品を漁っていく明日からがとても楽しみです。
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
484 件のグローバル評価