カスタマーレビュー

2010年10月9日に日本でレビュー済み
感想は一言「え〜これで終わり〜?!もっと見たい!もっと読みたい!二人に会わせて!」でした。
彼らの日常を垣間見るだけで満足できるのに〜TT
渇望しちゃいます。

・・・でも、しょうがないのかな。完結らしいです。
この作品、おそらく最大の仕掛けが、眠傘くんの受験という期限のあるネタなんですよね。
だからこそ緊張感があって面白かったんだろうと思うし。
真矢就職しちゃうし。
でも、真矢が奮起して一緒にK大生になってからの話も読んでみたい気はします。
真矢はいつまで眠傘くんをめがねのさえない男の子としてしまいこんでおけるのか。
気になるところ。妄想し放題。
つーか、正直ここまで妄想がとまらないカップルはいなかった!(爆)

冒頭に2008年冬号掲載の4コマ「まったく進歩しない二人」編が収録されています。
真矢はめがねフェチなのか、ねむくんフェチだからそっちも波及してんのか、どっちだ?!とは私も問いたいw

本編はマガビーの2009年2〜4月号、2010年3・4月号掲載分。
連載はちょっと間があいてしまったので、一気に読むとまた違った味わいというか。
真矢がんばったね、よしよし、というか。
ねむくんの魔性ぶりが際立ちます。
あ〜面白かった。

描きおろしは「そして恋人になった朝・・・」という掌編。
タイトルどおり、本編で元鞘に収まった翌朝のお話。
ムードを期待する乙女な真矢と、普段どおりのねむくん。
真矢のサイズの合わないセーターを借りたねむくんの姿にむらむらする真矢が哀れ(くす
相変わらずな彼らでした。

あ〜幸せ。また彼らに会いたいな〜
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
38 件のグローバル評価
星5つ
82%
星4つ
9%
星3つ
9%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%