カスタマーレビュー

2020年12月26日に日本でレビュー済み
戦間期の末期、イタリアやドイツだけでなく他の国にもファシストの勢力が勢いを伸ばしていた事がエピソードから伺えます。
また、Reichsheerの軍装がしっかりと描かれるあたり、作者が海外に羽ばたかれた結果かなと思います。
マリア嬢の日常が描かれることが少なくなり、ガリレオ航空の方々の出番も少なくなりました。これも時代が戦争に向かっていく前触れでしょうか? お父様との真の再開は? 色々興味が付きませんが、1年後に期待しましょう。
まずは特上のエピソードをご堪能あれ!
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
44 件のグローバル評価