カスタマーレビュー

2014年3月31日に日本でレビュー済み
Amazonてねー、タイトル同じだと、収録作品違ってても一緒くたにしてくれちゃうんですよ(-_-#)
何回連絡しても、仕様です、て(-_-#)
分けてくれる時もあるけど、キリないんで、レビューの上の商品名確認してくださいね。

これは秋田書店のA5判のミステリー・ロマン選集3のレビューです。

収録作品は、「ガラスの墓標」「遠い丘のセラファータ」「夢はてる島」。後書き3ページあり。

「ガラスの墓標」が好きだったから購入したけど、他の2編は知らなかった。「プリンセス」「プリンセスGOLD」…それでか。

初めて読んだ高階作品は「はるかなるレムリアより」。それ以来のファンだったんですが、「なかよし」から「花とゆめ」に浮気したもんで(^_^;)

30年振りくらいに読んだら、古さを感じる内容でした。コンピュータが重いから…とか、南米まで船で密航とか、時代だなあ〜。

懐かしさは感じるけど、作品に入り込む事はできなくなってました(^_^;)

でも、描き込みの凄さには圧倒されました。最近の子はスクリーントーンやCGソフトに頼ったり、背景もろくに描かなかったりするから。

もし、最近の作品しか知らない若い方なら、いろいろ突っ込みどころがあると覚悟して読んでください。
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
11 件のグローバル評価
星5つ
63%
星4つ
17%
星3つ
19%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%