カスタマーレビュー

2010年10月3日に日本でレビュー済み
私は中学生の時に、10巻くらいまとめて友達からこのマンガを借りて読んだのがきっかけで、以来ずっとファンです。
もう、自分の子供たちさえ中学を卒業したというのにまだ終わらないマンガなんて。
しかも、まだ45巻。
それでも、命がある限りマヤちゃんを見守っていきたい、マヤちゃんのファンでありたい、そんな思いです。

でも、真澄さんとのすれ違いのシーンや紫織さんの嫉妬シーン、もう何十回見たかなぁ〜と。悪口は一切言いたくありませんが、いい加減何かしら進展していって欲しいです。

亜弓さんに関しては、せっかく母親を感じたというのに結局はお互い女優としてのプライド?が捨てきれず凄まじい展開になってしまいました。
母親としての気持ちが勝っていたら、娘にあんなことは絶対できません。下手をすれば虐待や傷害罪にあたってしまうのでは?と心配してしまいました。

でも、黒沼先生の一風変わった稽古はいつもすごいと思います。今回も純粋に感動してしまいました。
早く紅天女をとおしで見てみたいです。完結したら、「ガラスの仮面」とは別に「紅天女」のマンガも出して欲しいです。
また数年後かと思っていた46巻も間もなく発刊されるそうで、どんな進展があるか楽しみにしています。
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
103 件のグローバル評価