カスタマーレビュー

ベスト1000レビュアー
2017年9月21日に日本でレビュー済み
  普通のミステリではないと言う前提で評価する。前作と違い、「屋根裏の散歩者」と言う江戸川乱步の名作のオマージュである事がわかっただけで、個人的には評価がアップ。タイトルだけでなく、実際に屋根裏に入り込んで見つけた物の謎解きだから、江戸川乱步ファンとしては評価せざるを得ない。
 話自体は比較的地味なのだが、探偵団全員がそれぞれ自説を披露するミステリっぽさが良い。が、何より女子でありながら「美少年探偵団」に加入したヒロインが、メンバーの一員として認められていく素朴な青春小説的良さを評価したい。そもそもなぜ美術室の天井に絵を描こうとしたのか、と言う探偵団の意図が、ヒロインのためだったと言うのが綺麗なまとめで、正に「美しい」ではないか。
 なお、西尾維新の作品を普通のミステリとして読んではいけない。本書を手に取る人には余計な気遣いと思うが。
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
31 件のグローバル評価