カスタマーレビュー

2016年10月10日に日本でレビュー済み
前巻で元服し見事に初戦を勝利で飾った景虎。しかし景虎の評価が高まるほど
兄晴景の評価は下がり、ついには家臣黒田秀忠に反乱を起こされます。

この反乱を通じて景虎は兄の甘さを思い知り、自分の手で反乱を鎮めます。
しかしそれはさらに家臣が兄より自分の方に傾いてしまう結果に…。

そんな中、新キャラ登場。山で育った大男小島弥太郎。
本能だけで生きてきたやつですが、景虎を男とか女とか関係なく
「とらさまはとらさまだ」と一人の人間として認めたのはすごいと思います。

弥太郎が『きれいだから連れて行きたいと思った』と言うほどこの巻の景虎は美しいです。
最後の話の服装もね…。姉・綾の願いは…叶わないでしょう…。

兄晴景との対立が二人の意志とは裏腹に近づいていく…。続きが気になってドキドキです。
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
40 件のグローバル評価