カスタマーレビュー

殿堂入りベスト50レビュアー
2019年10月27日に日本でレビュー済み
『それ町』や『木曜日のフルット』等で有名な石黒先生の作品です。
前述2作とは毛色が違い、文明が崩壊した近未来のSFですね。
謎の力を持つ「マル」をどこかにあると言う「天国」へ連れて行くために護衛の「キルコ」とともに廃墟と化した世界を渡り歩きます。
一方、様々な特殊能力を持つ子供達が暮らす閉鎖施設では、謎の暮らしと現象が…

今巻で3巻目で、世界観も徐々に明らかになって来ましたが、まだまだ謎だらけで興味深いですね。
正直明かされた謎なんて全然無くて、話が進むたび逆に増え続けてます。

文明崩壊後の世界で、人々は生きて行くため独自のルールの中暮らしています。
この辺りは他作品でもありがちなシチュエーションですが、本作品はどこか抜けててユーモラスな一面も垣間見えて面白いです。
その中に現実では到底有り得ない事も起こり、独特なSF感が出ています。

閉鎖施設での現象も謎だらけ。
そもそも何の施設かも分からない…
ここの主要キャラの体調が悪いのも気になるところ。
これって妊しn…

敵なのか味方なのか、一体目的は何なのか、目指す所は何処なのか、特殊能力は何なのか、そして性別はどちらなのかさえ謎の、まだまだ不明点だらけの本作品はですが、この広がりつつある風呂敷を畳むのは石黒先生なら可能でしょう。
どう物語が進むのか、非常に楽しみです。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
222 件のグローバル評価