カスタマーレビュー

2009年2月8日に日本でレビュー済み
毎日が「関ヶ原」みたいな物語。
この巻も多くの謀略に満ち、どんどん生首が飛ぶ。
国境の存在が平和の象徴であるように思われる。
結婚あり、不倫ありの楽しめる巻。

「思えば玄徳は果報すぎる
慎まねばならん 慎まねばならん」
と自戒する姿が印象的。

吉岡忍氏の巻末レビューもおもしろい。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.7
星5つ中の3.7
9 件のグローバル評価