カスタマーレビュー

2021年1月10日に日本でレビュー済み
あとがきの四兄弟座談会では8か月間の物語に33年かかって完結だから、読者も年取るわけだ。
ちゃんと完結するのか心配だったが、四姉妹(牛種)との戦いは終わった気がする。
三千世界の正しい解説があったが、つい高杉晋作の烏を殺すほうを思い出してしまった。
あれは牛でなく烏だったのかもしれない。
天使のなっちゃんの人間離れした強さは納得した。
大和国を建国して500年生きている別の物語ができそうで面白そうだったな。
予想より早く電子化された。
電子版でコンプリートするために購入。
Kindle版で全巻そろったのでよかった。
「月蝕島の魔物」にはあとがきその他があったが、こちらはいつもとおりなし。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
147 件のグローバル評価