カスタマーレビュー

2006年6月2日に日本でレビュー済み
「機動戦士ガンダム」に関する基礎知識を持っていることが大前提になるコミックです。

この第1巻は劇場版Zガンダム本編で描かれなかった、またはカットされた要素を拾っており、

基本的にはジャーナリストとなったカイ・シデンが劇場版本編中のキャラクターに

接触した際のエピソードという形で物語が展開します。

メカ描写は非常に少なく、アクションもありませんが、それがガンダムものとしては新味になっています。

「そういう解釈があったか」「こういう展開があったかも」というのを楽しめる作品です。

クワトロがシンタとクムを拾う場面などは唐突で強引なのですが、

本編ではまったく説明がなされなかった要素だけにニヤリとさせられました。
27人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
153 件のグローバル評価